30 代女性におすすめの化粧品~潤い補給ででBaby肌に~

美容

効能とは

火傷や手術痕のある人のために開発

女性

最近、ファンデーションを買う時、頭に「ミネラル」とついているものが本当に多くなりました。昔はミネラルファンデーションという言葉さえなかったと思います。そもそも、ミネラルファンデーションとは1970年代に手術痕、火傷痕にも使えるファンデーションとしてアメリカの医師により開発されました。そしてアメリカのハリウッドスターに代表されるセレブの口コミにより広まったという歴史があります。アットコスメの口コミを読んでみると、ケミカルファンデーションに比べて着け心地の軽さを感じるだとか、吹き出物が出にくいなどということが書かれています。また、化粧を落とす時、ミネラルファンデーションの場合クレンジングが必要なく石鹸で落とすことが出来るというのも特徴の一つとなっています。ミネラルファンデーションがここまで広まったのは、口コミ効果も大きいと言えます。現在化粧品は無数にあるので、人々は口コミを読んでから購入するということがよくあるからです。

ミネラルファンデーションの進化

1970年代に開発されてから、約35年たったミネラルファンデーションですが、さまざまな口コミによって広まってきました。その口コミから進化してきたのが、今のミネラルファンデーションではないかと思います。まず、SPFがあるミネラルファンデーションがでてきました。SPFが入っていないということは、ミネラルファンデーションのほかにSPF効果のあるクリームなどを塗る必要がでてきてしまいます。これがなくなっただけで、2つの効果を1つにできたわけですから、とても便利になったといえます。また、カバー力が薄いという問題がありましたが、これもカバー力があり付け心地も良いというものがでてきており、口コミをみても最近のミネラルファンデーションは昔のものに比べてよくなったと書かれているものが多いようです。